電気主任技術者になるとは

⇒私のブログの最新記事へJAMP

★電験三種を取得したから電気主任技術者と言うのは適切では
ありません★

自家用電気工作物の設置者は、原則として事業場ごとに電気主任
技術者免状の交付を受けている者の中から電気主任技術者を選任
しなければならないとあります。
企業の設置者に選任された方を電気主任技術者といい単に個人が
電験三種に合格し免状を取得してるだけの状態は違います。
そう電験を生かし企業に就職できた人を電気主任技術者と言います。

電験三種を取得後に個人が経済産業省に登録して電気主任技術者
になれるのではなく個人を雇用した企業だけが登録を行えるのです。


私の場合もまず会社で選任されて、設備管理部長が以下の届出書に
代表取締役(社長)の代行として記載、社印を捺印後、必要書類をつ
けて経済産業省の中国四国産業保安監督部という場所に登録申請
してくださり、受理された瞬間から私は電気主任技術者になれたのです。
つまり電験とは個人ではなく企業が生かすための資格とも言えます。

★電験という資格は会社の協力なくしては生かせません★

電験三種なら実務経験5年以上あれば電気管理技術者となり個人
でも独立する事ができるというのは聞いた事があるでしょう。
退職した上で実務経験証明に辞めた前職会社の社長印が必要
それに自分が所持する試験装置一覧表を追加して経済産業省の
保安監督部へ書類にて審査を依頼します。
(独立する上での試験機材もすでに購入してる事もなるための条件)
審査に合格したら電気管理技術者として独立できるのです。
(電験を企業に就職して生かす電気主任技術者、独立してその資格
を生かす電気管理技術者
と呼び名に違いはあります)

審査には数ヶ月必要でなれるのではなくて、ならして頂くのです。
それにこれは自営業と同じですから会社時代に築いた人脈や
コネがないとなれても仕事が取れないのではないでしょうか?
1年分は食べれるだけの貯金も必要という記事を読みました。
会社員と違い固定給があるわけではなくやはり人脈は大切!

★電気主任求人の応募に来る人は全員が電験資格を持ってるので
資格があるだけではダメなんです★

企業も社長印を押して電気主任の届出をする以上は雇用にあたり
"人物、職歴、まじめさ"など応募者の中から一番良い人を採用する
のは当然です。貴方が社長でもそうするはず!
資格講座の話を信じ苦労して資格を取ったが電気主任求人募集で
毎回落とされるのは職歴が悪いからです。(未経験、転職回数多数)
電気主任の求人枠はどこでも1名だから、電験試験と違い他人との
総合評価で最高点を取らないといけません。
(電験試験のライバルは自分、就職試験のライバルは他人)

でも有効な職歴がある上で不安材料があるならば可能性はあります。
私は前職で電気主任ではありませんでしたが前職の苦労話
この会社を志望した理由を熱く語り、45分もじっと私の話を面接で
聞いてくださり、帰路途中で面接官の一人の総務部長から電話が
入り"私が社長に推薦するからぜひ当社に来てほしい"という
連絡があったんです。
結局は人が決める事ですから1%の成功率でもあきらめては
いけません。私はあきらめなかったから今があるのです。
人を感動させるスピーチができれば奇跡の可能性はある!

★電気主任として入社した場合の現実★

まともな会社に入社したなら電気主任技術者としてのポジションは
こんな感じだと思います。
通常入社と違い最初から主任などの役職を頂けると思います。
(下は私の場合)この下に一般社員の方がいらっしゃいます。
新入社員からベテランで嘱託社員の方もいるので気配りは何より
欠かせません。
もちろん電気主任技術者であっても重大な決定には係長を通して
会社の許可が必要でこれが会社組織のルール。
社内での権限は電験三種などの資格ではなく役職です。
仮に電験1種があっても係長、部長を超える事はできません。
そういう物で超えていては会社組織が成り立たないからです。

私は入社時主任Bで採用され、去年昇進試験に合格して主任A
次の係長になるなら、課長職以上の推薦の上で昇進試験に合格する必要
があり、給料や社内での発言力を上げるには役職を上げないといけません.
そう新米の電気主任に振り回せるほど会社は甘くありません。

★電気主任として着任したら最初に保安規定を確認する★

電気主任技術者が常に意識しないといけないのが保安規定
自家用電気工作物の最終責任者は誰だと思いますか?
実は所有者である社長なんです。ですが社長に実務はできません。
そのため企業の中で権限のある者が保安統括管理者となります。
私の場合は技術部長で私の保安規定におけるお仕事は彼の補佐
とそこで定める点検業務、対応を行う事なんです。

その対価こそがお給料でそれを頂くから命令に従う必要があります。
これは電気主任だけでなく会社勤めをしてるなら誰でもそうでしょう。
つまり保安規定に記載された命令形態正しく理解して何を義務
として行う必要があるのかそれを確認するという意味です。
従わない暴走行為については保安規定に定めてある電気主任
の解任という項目により会社は解任ができます。
保安規定の点検義務についてはどこの現場も大差ありませんが
組織の命令形態は企業により異なるから確認が必要なんです。

★電気主任になっても雇用のされ方は一つではありません★

理想的な雇用形態はオーナー会社の社員として電気主任技術者
になる事です。

次はオーナーとビル管理会社であってもそれらが同じグループ会社
の関係にある場合。
同じ仲間ですから無理難題を要求される事なく安心して働く事が
できます。(私の場合)
又グループ会社で連結決算になっている場合、経費どうこうもあまり
問題にならないので尚更働き易いでしょうね。

オーナーとビル管理会社がまったく無関係ですと1年契約で企業は
契約しているためより安い管理会社とオーナーが新規契約をすると
電気主任技術者は新しい会社の誰かに交代となります。

このケースで電気主任になるのが一番簡単ですが将来性の点では
今の時代は不安が残ります。
又体力のない管理会社では余剰人員を支える余裕がないため現場
のない社員を雇用継続するのは困難。
こういう場合は社員であっても解雇する事は違法とはなりません。
仮に新しい会社に再雇用されても今度はより安い請負金額で受諾
してるので残りたいなら給料は確実に下がります。

後自動車工場など動力現場の電気スタッフになる道でこういう現場
は設備スタッフ数も豊富でその工場の熟練者の方が電気主任を
されますからその方の部下又は将来有望な見習いとしてまずは
就職する事になります。
未経験の方がやる気と電験三種を認められ就職できるとすれば
たぶんこういうケースが一番自然です。

こういう現場では電験三種なら数名、電験二種も1名は職場で持って
るはずですから資格者が皆無で求人募集はありえません!
職場レベルも一番高いので厳しいけどスキルは身につきます。
実は私も父が電気主任をする工場で経験を積みました


これはNETで最近見たある会社の電気主任技術者の求人募集だけど
一番現実的な記載をされているので紹介します。
入社してこれらを覚えればいいと思われてるとしたら誰から習うのか?
通常の会社は退職願いを退職希望日の1ヶ月前には提出する必要あり
前任者が新規着任した電気主任と一緒にいれるのはわずかで後は
一人でなんとかしなければいけません!(私もそうでした)
でも父が電気主任をしてる工場で身につけた実務があったからこの
現場でもできる!という自信があったのです。
電験では現場実務は学べないので誰かから学ぶ必要があります。
本物の現場実務とは本ではなく、人からしか学べません!

★未経験、資格ありの人が電気主任となるには?★

ただ自給850円のパート電気主任でもいいならこの限りではありません。
清掃業をメインにしてるビル管理会社に多いケースで電気主任も
清掃員と同程度の作業員としか見てない会社に就職する場合。

こんな会社なら経験0でも電験三種があれば電気主任となれます。
設備員=警備員=清掃員=全員時給850円でパート雇用!
(実際は設備850円、警備800円、清掃780円とか設備は技術者
だから高くしてるとかそういう小細工してるかも?)
つまりそういう人でも勤まる程に適当な管理しかしていないのです。

私も転職するにあたり父から実名で数社そういう会社を教えてもらい
ましたが、とりあえずどこかの現場で電気主任技術者を経験した
という実績作りのために数年働く
だけならいいかも?
その後なら貴方も一応、次回面接では未経験者ではありません。
ただ最低3年は勤務しないとすぐ辞めたら次就職で不利な理由になる。
すぐに退職、転職回数が多いのは最大減点で一生つきまとう!

ただこういう会社が契約できる程度の現場でこれが当たり前と錯覚
して次のSTEPに行くと今更言うまでもない事態となるでしょう。
機械1個操作するのでもただSWを押す毎日ではなくてシーケンスを
勉強して現場にある機械、装置を学習の教材となるほどに勉強して
習得しておく事が大切です。
一緒に働いてる人も素人に近い様な人達ばかりででしょうから誰か
に本当の技術を習えるは期待しない方がいいと思う。
貴方の目標はそこではないのですから★3年勤務したら転職

そしたら電気主任技術者を3年経験しました。一通りの電気は
こなせます。を求人面接で語る事は許されます。
今の時代は面接では"できる"以外の発言をしたらそれで終わり!
とにかく面接では自分は完璧をアピールしてください。
入社後に困る?そんな意識があれば他の応募者に100%負けます。
勝ち組になれる人と負け組みとの根本的違いはそれができるかです。
又5年というのは電気管理技術者になる場合の条件です。
ビルや工場での電気主任になるのに経験何年はなく様はその会社
に採用されたらなれます。

ただ資格だけの未経験者を採用して問題を起こされたら人事の責任
にもなるから敬遠されるわけでその時の貴方はもう異なります。
"電験三種を取得したらすぐに条件の良い会社で電気主任技術者"
は誰でも思われてるかもしれませんが未経験の方は資格を取得
したら3年計画で目指しましょう。
 他に方法はありません。
★まともな会社に就職するには履歴書に実務キャリアが必ず必要です★

人間関係が苦手で資格がいきなり自分の運命を変えてくれると未経験で
目指してるだけなら電気主任になるのは止めた方がいいです。
資格という肩書きだけで食べていこうという発想が技術者向きではなく
誰も教えてくれなくても着任した現場を独学で制覇できる能力こそ電気
主任技術者に求められる一番の資質だと思います。
それには実務というのをどこかで前に学んでないと何もできません。
未経験では3年の下積みをどこかでする覚悟がある方だけが電気主任
を目指すべき!

⇒私のブログの最新記事へJAMP